未分類

サンゲイジングの効果と実践方法まとめ【太陽を食べて健康に!】

校長 トシ
校長 トシ
太陽を直視したほうが健康に良いって知ってますか?
アシスタント 桐島
アシスタント 桐島
え!?学校などで太陽は目が悪くなるから直視しないようにと教えてもらいましたが…

 

太陽を食べるって!?

サンゲイジングの画像

太陽を食べて健康になりましょう!

アシスタント 桐島
アシスタント 桐島
太陽を食べていきるってなんだか植物の光合成みたいですね笑

そう、まさに光合成のようなものです。太陽を直視して太陽からエネルギーを頂くのです。

実際に世界には食べ物を食べずに太陽たけを食べて生きている人物も存在するんですよね(この記事の最後にご紹介します)

サンゲイジングとは?

サンゲイジングとは?

サンゲイジング、日本語にすると「太陽凝視」と言われる行為。文字通り太陽を直視することです。

これは学校や親から視力が悪くなるという理由から危険な行為とされ、しないように教わってきた人がほとんどだと思います。

ですが、サンゲイジングをすることで実は人間はエネルギーを取り込むことができ、かつ健康になることができるのかもしれません。

日本でも様々なメディアで取り上げられたことがあります。(ブログ、TV番組、まとめサイト、etc…)

ココから、皆さん気になっているであろうサンゲイジングの効果実践方法をご紹介していきたいと思います!

昼間の紫外線の強い太陽は直視しすぎると目に悪影響があるので、特に実践方法は良く読んでサンゲイジングするようにしてくださいね。

サンゲイジングの効果に迫る

サンゲイジングの実践方法まとめ画像

さて、サンゲイジングの効果を知ると明日から実践したくなるかもしれませんね。

アシスタント 桐島
アシスタント 桐島
太陽を見るだけでエネルギーチャージできるなら、もちろんやりますよ!

こちら引用元の記載もあり、かなり信憑性があると感じた海外のサイトに書いてあったサンゲイジングによる効果です。

  • ストレスや緊張の緩和(Relief of stress and tension)
  • 体内エネルギーの増加(Increased energy)
  • 幸せホルモン、セロトニンやメラトニンの分泌の増加(Boosts production of the feel good hormones serotonin and melatonin)
  • 視力の改善(Improved eyesight)
  • 空腹感を減らす。(9〜10ヶ月で不食に成功することも)(Reduces hunger pains –body is completely nourished by the sun (Some people claim to have been able to take part in this practice and not eat anything during the entire process which is usually about 9 or 10 months))
  • 松果体の刺激(Stimulation of the pineal gland)
  • 松果体が大きくなる(Increased size of pineal gland)
  • 閉塞感からの解放(Releasing of internal blockages)
  • 潜在能力の向上(Increased human potential)

引用:https://www.collective-evolution.com/2014/07/10/sun-gazing-why-you-should-be-doing-it/

 

様々あるようですが、やはり1番知られているサンゲイジングの効果は、松果体の機能を強め、普通なら衰えるはずのその機能を損なわないようにするというものです。

松果体って?第三の目と言われているらしい

校長 トシ
校長 トシ
松果体は「しょうかたい」と読みますよ。スピリチュアル好きの人は既にご存知かもしれませんね〜

松果体とはよく、「第三の目」などと呼ばれることもあり、人間の脳の中にある部位のことを指します。

以下、Wikipedia先生の回答です。

松果体(しょうかたい、英語:pineal body)は、脳に存在する小さな内分泌器である。松果腺 (pineal gland) 、上生体 (epiphysis) とも呼ばれる

脳内の中央、2つの大脳半球の間に位置し、間脳の一部である2つの視床体が結合する溝にはさみ込まれている。概日リズムを調節するホルモン、メラトニンを分泌することで知られる。

Wikipediaでには記載されていませんが、松果体を活性化させることにより、

  • 宇宙と繋がることができる
  • 覚醒する
  • 霊力が向上する

等の超能力的な力が得られるという話もある。

そして米国の科学者でもあるジェイコブ・リーバーマン博士の書籍にはこの様に記載がある。

今日、松果体は人間の機能のすべての側面において主要な役割を果たすものとして認識されている。そして、これは「人体の各器官を調節する器官(regulator of regulators)」として機能している。

これまでの医学的な記録文書からは、松果体が次の各機能に影響を及ぼしていると考えられる。生殖機能、人体の成長、体温、血圧、運動活性、睡眠、腫瘍の成長、気分や精神、人体の免疫系、そしてまた松果体は寿命の要因のひとつともとらえられる。

アシスタント 桐島
アシスタント 桐島
と、、とりあえず松果体はめちゃくちゃ大事ってことですね!!!笑

ちなみに、松果体という名前は松ぼっくりに似ていることから名付けられたと 言われています。

 

松果体の画像

 

サンゲイジングの実践方法

サンゲイジングの実践方法の画像
アシスタント 桐島
アシスタント 桐島
太陽を正しく食べる方法を知りたいです

気軽にやりたい方は以下の2点を押さえて実践してください。

  • 太陽を見るのは日の出、日の入り一時間前が良い(数十秒程度)
  • 裸足で外を歩く(アーシング)ことがサンゲイジングの効果増進の助けになる(以下で紹介するサンゲイジング実践者曰く)

 

次に本気で取り組みたい方は、コチラ↓に英語のHRM (Hira Ratan Manek) のホームページに書いてあった内容を翻訳したものが「不食・断眠実験」というブログに載っていたのでご紹介致します。参考にしてください。

 

0~3ヶ月
初日、安全な時間帯に、最高で10秒、2日目20秒、と1日ごとに10秒づつ増やしていく。10日後には1分40秒ということになる。裸足で、地面に立って。目は瞬いてもいい。

太陽光線はものすごい利益をもたらすだけで害はまったくないという信念を持つことが大事。そうすると(不食に関して)より早いよりよい結果をもたらす。信念がなくても実践していれば効果は出るがかかる時間は長くなる。
一方、日常生活においての規制は何も要らない。これを実践している時は食べることを楽しんだら良い。そのうちおのずと、空腹感はなくなっていく。
同じ時間に同じ場所でするほうがいい。太陽の周期を知っておくと助けになるため。もしお祈りをするなら何を祈っても良い。

3ヶ月に届くころには眺める時間は15分になっているだろう。人の目から入る太陽エネルギー、また太陽光線は視床下部管に充電する。そこは、脳に通じる網膜の後ろにある管である。この管を通って脳が光パワーを受け取ると、brainutor(注)を活性化させる。脳に遺伝子として存在するプログラムのソフトウェアが働き始め、精神的緊張や心配がなくなるなどの変化を感じ始める。その上、マイナス志向が消えうせ、何事にも自信をもって行動し始める。これがはじめの 反応で3ヶ月ほど続く。

人間には良い資質、悪い資質がある。太陽光のないところでは悪い資質が発達する。太陽光が脳に入ると良い資質となって悪い資質と入れ替わる。それは霊的目覚めにつながる。
聞いたり読んだりすることで迷うことがあるだろう。赤ワインは体に良いと聞く一方でアルコールは良くないなど。3ヶ月のサンゲイジング(太陽凝視)で、あなたの発達した霊性が、答えを教えてくれる。

あなたに元から備わる力が発達していく。失望感、怒り、貪欲、妬みなどのマイナス要素は消え、愛すべき人間となる。誰もがあなたを好きになる。慈悲深い人 間となり、世界平和に貢献するようになる。積極的なアプローチで社会の問題を解決していく。3ヵ月半過ぎるころにはすべてが変わるだろう。

心理学者は、悲しみは光不足からくると見ている。サンゲイジングの習慣がつけば一生鬱になったりすることはない。マインドのバランスが完璧になる。死の恐怖も消える。マインドの状態としては死を快く受け入れるといった感じだ。ことが起きるというより、あなたがことを起こすようになる。心配はまったくなくなる。誰もが持つ精神的アンバランスを、光は取り除いていく。

3~6ヶ月
次に体の疾患が治り始める。食べ物から同化されたエネルギーの70 ~ 80%は脳に取り入れられ、緊張感や心配などのために働く。精神的緊張がないと脳は前と同じ量のエネルギーを必要としない。
サンゲイジングを続け、緊張がほぐれてくると食べ物を摂取する必要量も減ってくる。

30分連続して見続ける頃になると、少しづつ体の不調からも解放されてくる。なぜならその頃までには、太陽にあるすべての色が目を通して脳に届くからだ。
脳は、各組織に適切に行くように、プラーナの流れを調整する。すべての内部の組織は必要な色のプラーナを十分に得る。生命の維持に絶対必要な器官は、決まった色のプラーナに依存している。腎臓、赤。心臓、黄色。肝臓、緑など。色は各器官に届き栄養不足に対処する。

これが6ヶ月をかけて体の不調から開放されるプロセスである。3,4ヵ月を過ぎると、体の不調を自己暗示(太陽を眺めている間病気が癒されるのを思い浮かべる)によって治すことができる。

ソーラリウム:
水晶、色ガラス、天然石、宝石を用いる方法もすべて太陽エネルギー(これらの天然石に蓄えられている)を活用している。速く、より良いヒーリングを期待するなら、天然石を飲み水を入れるビンに入れておくと良い。
ソーラリウムには、たいてい35mの高さのデッキがあって、そこに7つのガラス棚が虹の各色で作られている。このデッキは一日中太陽の周りをまわり、診断された結果によって患者は適切な色の中でヒーリングされる。同様に、各色のガラスの飲料ビンに、水を8時間入れておくと太陽光線による変化が起きて各病気治癒に使われる。

光合成
我々は誤解しているが、実際はクロロフィル(葉緑素)を必要としない。それが必要なのは植物だけだ。人体は違う媒体でそれをする。光合成は太陽エネルギーを使用できるエネルギー形態に変換する。これで光電子が働き、電気が作られる。
目は太陽光全てのスペクトル(色の列)を受け取る。それらは脳によって必要なときに体のあちこちに配られる。その結果全ての病気が癒される。太陽を眺め続けるとエネルギーはもはや精神的又肉体的疾患に使われることはなくなる。よって、体の中での蓄積量が増える。
あなたは6ヶ月以内に、あなた自身を自由に駆使する人となる。

 

6~9ヶ月
6ヶ月頃には極小の食べ物の原型、太陽を食べ始めるだろう。そうなると普通の食べ物を食べても体に有毒な廃棄物が入るのを自ずと防ぐ。

7ヵ月半を過ぎ、35分間眺める頃になると空腹感が消えていくのが明白になる。食べ物摂取の必要が減る。
空腹感は存在するのに不可欠な、体のエネルギー要求からくる。
食べ物は体を機能させるのに必要なのではない。エネルギーだけが必要なのだ。
通常、食べ物(太陽の産物)を摂ることで太陽エネルギーを間接的に摂っている。太陽光がないところに、生命は育たない。
よって、食べ物としての原型を摂取すれば、空腹感は減り続け最後にはなくなる。8ヶ月までには空腹感がなくなっているのを体験するだろう。

怠けた、意志の弱い、または信念のない生徒の場合はこの時期は9ヶ月(44分)の頃になるかもしれない。
その時期を越えると、空腹感は永遠になくなる。空腹に伴い生じる体臭、渇望など、又痛みも同時になくなる。それ以上に、エネルギーレベルがもっと高くなっている。脳が太陽エネルギーで活性化した証拠だ。
おめでとう! よくやった! あなたはもう太陽のコックさんだ。

9ヵ月後
9ヵ月が過ぎ44分レベルに達したら、サンゲイジングをやめるべきである。それ以上のサンゲイジングは目の保護のため太陽科学が禁じている。
今まで充電されるものだったその習慣は、やめると今度は体が蓄えたエネルギーを放出するようになる。そのとき始めるのが裸足歩きだ。一日45分で6日間。 ゆったりと歩く。速歩きをしたり、走ったりする必要はない。日中のいつでも都合のいい時間でよいが、地面が暖かく、太陽が体に降り注ぐ方が好ましい。

裸足で歩くと、松果体又は第3の目と呼ばれる脳の中央にある重要な腺が活性化される。大きな親指がこの腺を象徴している。
25年前、これは価値のない腺と思われていたが、今は研究に値するものとなり今までで1万8千もの論文の発表に到っている。今では魂の所在地として知られるようになっている。
松果体には視神経の末梢部分がある。残りの4本の足指も各腺を象徴している。
下垂体、視床下部、視神経床、小脳扁桃ここ2年の医学調査において小脳扁桃は重要性を増してきている。

そこは太陽または宇宙エネルギーの基軸であり、目から脳へと届く太陽光線を媒体に光合成を行うという重要な役割を果たす。裸足で歩くと、体の重さが足指を 通るこれら5つの腺を刺激する。この刺激は地面の熱/エネルギーそれと頭もしくはクラウンチャクラに降り注ぐ太陽によって強まる。
チャクラは脊髄にはない。それは想像による位置で、実際は脳の中にある。これら全てが磁場を創り、体、脳はあなたに注ぐ光によって充電する。くつろくことだ。

1年間45分間歩く。食べ物はいらない。1年間充電し、進歩したあなたに満足がいくなら、裸足歩きをやめてもよい。その頃になれば3,4日に一度、数分太陽エネルギーを浴びるだけで十分になる。

しかし免疫力をもっと強化したいなら裸足歩きを続ければよい。又は記憶力や知力を増加させたいなど。足で感じる太陽の熱が増えれば増えるほど脳はもっともっと活性化していく。それがまた松果体の活性になる。
松果体はある超常的、航空学的機能を持つ。航空学的とは鳥のように飛べるということだ。
超能力、具現力を発達させ、同時に違う場所に体を置くことができる。科学が人間の超能力を公認し、それを確証する医学実験も行われている。

食べることをやめると、解毒作用により体の各部分とその組織は浄化される(洗練される)。その各内部組織は空間旅行と飛翔のための物理的パーツとなる。内部組織にとっての有効的価値はまだある(食物消化以外)。全ての腺にたくさんの機能があり、太陽エネルギーによって最高のレベルで活躍できる。

幸いにも最高レベルに脳を活性化することができたならきっと悟りを開いているだろう。ほとんど全ての悩みは解決される。

歴史的に見ると多くの人が食べずに生きている。
1922年、ロンドンの帝国医学大学で太陽光線は人間にとっての理想的食べ物であると定めた。しかし、そのノウハウについて言及する人は誰もいなかった。
例をあげれば、ヨガナンダは「ヨギ自伝」の中で食べないことの秘密を知りたくて多くの神秘家や聖者に尋ねる。共通の答えは太陽エネルギーが秘密のドアから入り脳髄に届くというものだった。しかし、彼らはそれ以上秘密を明かさなかった。
だからその頃の一般大衆にこの知識は届かなかった。いまは特別な時代なのだ。

*****(注)*****
brainutor=HRM (Hira Ratan Manek) の造語。私たちの体にはスーパーコンピューターが備わっている。脳だ。
それは現在の最速のスーパーコンピューターをはるかに凌駕した能力を持つ。そんな意味合いを込めて、HRMは人間の脳をbrainutorと呼ぶ。数え切れないほどの才能と、内在する無限の力を、すべての人が自然から与えられている。ひとの能力を過小評価すべきではない。そんな気持ちが brainutorという造語には込められている。

引用:https://tabenai.exblog.jp/i12/

 

※サンゲイジングを実践する方は、自己責任で行ってくださいね。

実在する!太陽だけを食べて生きるサンゲイジング実践者

ヒラ・ラタン・マネク

彼、ヒラ・ラタン・マネク氏(インド在住)は411日間サンゲイジングと水分摂取だけでエネルギー補給をして断食を成功させた人物として話題になった人物です。

アシスタント 桐島
アシスタント 桐島
はい!? 411日!?

ヒラ・ラタン・マネク氏の奥さん曰く、彼は毎朝、日光を1時間程度凝視して水やお茶、コーヒーなどを飲みながら生活しているという。

彼の太陽からエネルギーを補給して生活している現象を科学者らは彼の名前から「HRM現象」と呼んでいる。

そして、驚くなかれ

日光からエネルギーを補給できることに注目したNASAが彼に接触し、科学者の監視のもと断食し、サンゲイジングだけで生きれるのか試す実験を行ったのだ。

結果、彼はNASA監視のもとで130日間に及ぶ「サンゲイジングと水分補給」だけで生活し、世界を驚かせた。

可能なるか!?不食で生き続ける人たち
(1分30秒からヒラ・ラタン・マネクの話)

 

最後に世界には役3,000人の太陽を食べて生きる人々がいると主張するヒラ・ラタン・マネク氏の言葉を紹介します。

「彼ら(太陽を食べて生きる人々)は世界中にいますが、これはかつて、遠い昔に失われた科学の再生です。食物を必要としない、新たな食事です。本来この手法はかつて精神的な修行の一部として行われていましたが、これは全く科学的な手法なんです。誰にだって行うことが出来るものです。」